携帯代払えない場合について

 

携帯代が払えない場合は、ドコモは2回滞納後、auやソフトバンクは3ヵ月くらいで強制解約になってしまいます。契約が終了すると未払い分の端末料金や滞納している携帯代の一括支払いを要求されるでしょう。

 

そして忘れてはならないのが、延滞している携帯代に利息がつくところです。携帯代を延滞する期間が長くなればなるほど返済額が増えていきます。強制解約後は、新しい携帯と契約するのが困難になり今お持ちのクレジットカードがストップするでしょう。新しいクレカももちろん作る事はできません。

 

無利息でお金借りる記事

 

それでも携帯代払えない時は裁判所から通知が

 

強制解約後も払えない時は裁判所にその案件が移る事になります。最悪は財産など差し押さえになる事がありますので早めに返済する事をおすすめします。

 

ご自分の信用情報を守るためにも無視を続けるのは良くないですね。最近は、20代の方の強制解約が増えてきています。携帯代が高いなら安い契約に見直しする事を考えてください。月々の料金が安い格安スマホに変えてみるのは如何ですか?

 

 

 

 

タイプ別カードローン
即日融資無人契約機
低金利無利息