お金を借りる時に、審査の条件っていうのは必ずあります。バイトでもいいから安定した収入がないとお金を借りる事ができないのが前提にあります。

 

収入の有り無しは大切だったりするので、キャッシングを申し込む前にまずは審査の基準を知っておかないといけないですね。ただ審査の条件を確認しないで申し込んでみても審査落ちを繰り返してしまうだけだったりします。

 

カードローンの審査を短期間で3回以上落ちてしまうと「申し込みブラック」となり何度も申し込みしても審査落ちを繰り返す事になります。多重申し込みは審査に影響が出る事がありますので、短期間の審査申し込みはせいぜい2回までにとどめておきましょう。

 

申し込みブラックになってしまった場合は、半年以上たつと解除されます。

 

お金を借りれるのは20歳以上

 

カードローンによって、微妙に審査基準に違いがありますが、基本的に日本の法律では未成年は、カードローンからお金を借りる事ができません。カードローンやクレジットカードからお金を借りる場合、20歳以上なのが最低限の審査の条件にあります。逆に20才以上なら審査の基準さえクリアできれば現金をすぐに用意できるキャッシングの申し込みができるのです。

 

かつては、高給の会社員のみを限定とした審査基準がありましたが、今では安定した収入があれば雇用形態を問われる事はないのがカードローンの人気の一つになっています。それでも銀行カードローンの中には、審査対象に年収の基準を設けている場合があるので自分の属性が審査基準内なのかは確かめる必要があるでしょう。