カードローンの審査落ちばかりで通らない

カードローンの審査に落ちてしまった経験をお持ちの方は、どうして自分が通過できなかったか理由を知りたいと考えますよね?

 

ある程度、借金がそこそこある方であれば審査落ちの察しがつくでしょうか、寝耳に水のケースも有り得るかと感じます。

 

そこそこ稼ぎがあるのに、まさか自分がカードローンの審査に落ちるとは…

 

実は、信用情報機関に何の情報もない方は審査に落ちてしまう事があるのです。今まで現金主義で通してきた方ですね。30才以上で信用情報機関に情報がないと、もしかしたら昔ブラックだったかもと疑われて審査に落ちる事があるのですが寝耳に水ですよね?

 

この様な理由で審査落ちしているなら、クレジットカードを1枚作ってみたり、何かの分割払いをすると信用情報機関に登録されます。

 

審査に落ちる理由で年収は関係ある?

 

勤続年数が短すぎるとか、クレジットカードのキャッシング件数が多いなど審査落ちの理由は様々ですね。年収は高いにこした事ありませんが、低いからといって審査落ちする理由とはなりません。年収に対してどの位、他社借入があるか、何件から借入があるかを審査では重要とします。

 

他に、携帯代延滞による強制解約、クレジットカードの支払いの延滞、短期間で複数のカードローンに申し込みする申し込みブラックなど審査落ちの理由があります。

 

上記の理由でお金借りる審査に落ちてしまった場合は、ブラックリストと呼ばれる信用情報のキズが無くなるまで待つしかありません。

 

例えば、申し込みブラックになった方は半年過ぎれば情報が消えるので半年待ってからカードローンに申し込みするといいでしょう。

 

自分がどんな理由で個人情報にキズが付いているかは、有料ですが調べる事が可能です。パソコンやスマートフォンで確認する方法と、郵送や窓口で手続きする方法があります。

 

上記の理由に身に覚えがない場合はカードローンと貴方とのミスマッチが考えられます。カードローンの審査基準は会社によってかなりバラつきがありますので、あなたにピッタリ合ったところを選ぶ事が審査落ちを防ぐポイントでもあるんです。